HOME > トピックス

平成22年2月26日、秋田市に「エコリフォーム助成金」創出の提言書を提出しました。
助成金制度概要素案 (提言書抜粋)

○補助対象者
1.秋田市に住民登録しかつ居住している人
2.本人、同一世帯の居住人が市税を滞納して居ない事

○対象住宅
1.建築後10年以上経過して居る一戸建て住宅であること

○対象工事
以下のいずれかに該当する工事で総工事高が30万円を超える工事
1.窓など開口部の断熱化工事
2.壁・天井・床の断熱化工事
3.玄関の風除室取り付け工事
4.住宅の高気密化工事
5.エネルギー消費機器の高効率化工事 (エコジョーズやエコキュート、省エネタイプエアコンへの交換など)
6.既存住宅のバリアフリー化工事

○施工業者
1.秋田市に本社を置く事業所
2.秋田県の建設業許可または建築士事務所として登録している事業所
3.法人市民税を滞納して居ない事

○対象外経費
1.母屋に付帯しない部位の工事
2.他の助成金を受ける工事

○助成金の額
・対象工事金額の10%(横手市は15%大仙市は10%)に相当する金額
・ただし補助の額が30万円(横手市は50万大仙市は30万円)を超える場合は30万円(横手市は50万大仙市は30万円)を上限とする(湯沢市の場合は50万円以上一律10万円、未満は5万円)





左から 石井理事、 池田副理事長、 穂積市長、 中村理事長、 渡部副理事長

あきた安心リフォーム協議会の熱い思いを受けとめ、真摯に対応してくださった穂積市長に心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。


HOME > トピックス